愛猫「うーちゃん」旅立ち ポッカリ心に穴が空いてしまった(´;ω;`)ウッ…

愛猫「うーちゃん」旅立ち ポッカリ心に穴が空いてしまった(´;ω;`)ウッ…

僕がまだ結婚していた当時

我が家のベランダに1匹の子猫が遊びに来るようになった。

とても小さく、鳴く声も小さく

とても弱弱しい子猫。

やがて我が家の一員となるには時間はさほどかからなかった。

 

名前は「うーちゃん」雌猫 瞬殺で我が家のアイドルに!

 

うーちゃんが我が家に来たのは15年くらい前

子供達も小学生だった頃

 

僕は犬より猫が好き!

幼少の頃近所の知り合いの家に遊びに行った時に、お尻をかまれたのが今でもトラウマとなり今でも犬は苦手・・・

エレベーターで犬の散歩帰りの人と一緒になった時の恐怖感はハンパない怖さ

「うちの子(犬)はおとなしいから大丈夫よ」と言うが僕は勘弁してくれと思う!

 

どういう経緯でついたかわからないが名前は「うーちゃん」

たぶん子供たちが命名したんだろう

仕事から帰宅すると足にまとわりつき、ジャレてくる

癒される瞬間でもありました。


スポンサーリンク


1ヵ月前頃から食欲がなくなり痩せてきたとのこと

 

うーちゃんは外には一切出さない家猫

たまに見るうーちゃんはまるまると太っていたんです。

それがやがて体調が悪くなり、日々に食欲がなくなってきたので、病院で診察を行ってもらうなどの治療はしてもらっていましたが・・・

2018年7月8日旅立ちました(´;ω;`)ウゥゥ

 

長女のInstagramなどにたまに投稿される「うーちゃん」を見る事しかできないなかったけど、今でも僕の中では一緒に生活していた頃の甘えん坊の「うーちゃん」は脳裏に焼き付いています。

生まれたての奏翔とうーちゃん

 

7か月の奏翔とうーちゃん

たくさんの思い出と子供達との遊び相手

「うーちゃん」の存在には何度も癒され、助けられたように感じます。

15年間ありがとう!