桁外れの結果を出す人は、人の見ていないところで何をしているのか 鳩山玲人著 前準備の大切さを学ぶ

桁外れの結果を出す人は、人の見ていないところで何をしているのか 鳩山玲人著 前準備の大切さを学ぶ

鳩山玲人氏の経歴が凄い

 

三菱商事➡エイベックスやローソンなどでメディア・コンテンツビジネス➡ハーバードビジネススクールにてMBA取得➡サンリオ常務取締役

 

書籍文末に2013年 39歳と記載されています。

 

最近Facebookで色々な人と交流する機会が増え、色々と見習う事が多くなって来ています。

しかも学ぶのが僕(47歳)より年下の人から吸収することが多い。

 

特に感じるのが行動力

そして即実行!

このパターンの人からは大変刺激をうけます。

 

前準備をする必要性

 

P14

実は人から見えないところで、できないことをできるようにするために、

あるいはここぞという場面で望ましい対応が取れるようにするために、徹底的に準備をしている

 

鳩山玲人氏は入社・異動後前には情報をつかんで予備知識を高めていた。

異動後に社内の事調べる事が多いと思います。

 

結果を出している人が何気なく仕事をしているように感じるかもしれないけど、前準備をしっかり行なっているので仕事の流れがスムーズに行われます。

 

 

日々の行動そのものがチャンスへの準備

 

P35

帰宅後の時間の見直し

確かに一日仕事を終えてビール飲んでマッタリしたくなります

実際しています(-_-;)

 

しかし鳩山玲人氏が提案しているその帰宅後の時間こそ有効に使わない手はないと!

 

この時間をどのように使うかで人生が大きく変化するように思う。

習慣化をどのように徹底的にコツコツおこなうのか

 

 

何もしないくらいなら失敗したほうがずっといい

 

P61

行動に移さなければ夢でしかないです

夢を現実のものにするには行動

 

たとえこの行動が失敗でも、失敗した理由が分かった

それだけでも成長出来ると思います。

 

時には待つ事も必要です

受け身になると、行動することが面倒になってきます。

 

年とともに思考は過去の体験から自分の方法が正しいと判断

周りから見ればもっと効率のいい方法あるのにと言われても拒否

周りからの助言を参考にしなくてはと反省

 

遠慮していると機会はどんどん逃げていってしまうもの

 

どんどんアドバイスは受けなさいです。

 

確かにこの辺は性格に左右されます

今忙しそうだから後にしようとか

 

結局遠慮してアドバイスを聴くタイミングを逃し、一日終了

翌日、聞けばいいのに忘れてて結局アドバイスを受けないままスルー

 

確かにこのようなパターン過去に何度も体験しました

遠慮して・・・・

中途半端なまま時間が過ぎ、成長できないままの自分が(-_-;)

 

まとめ

 

社会人=結果
結果を出すためにはいかに

・前準備

・行動力

・他人のアドバイスを聴く

・失敗を恐れない

 

机上論も大切だけど、実際に体感して学ぶことの方が多いように思います。

そこで学ぶ失敗

 

この失敗を繰り返さない為には前準備を徹底的に行う

 

学業の予習・復習

この繰り返しは社会人になってからも永遠に続きます。

 

 

20140120155405245 20140120155405267

 

2014年 書籍 50冊読破 目標
7冊目 読破